プチこころの鍼講座

【プチこころの鍼講座】第7回:潜在意識が知っている人生の目的とは?

潜在意識が知っている人生の目的
[vkExUnit_ad area=before]

こんにちは。
こころの鍼師 金子 敏昭です。

これから『プチこころの鍼講座』をお届けしていきます。

本講座では、潜在意識を書き換えてあなたが病気をやめていくための方法を、

できるだけわかりやすくライトな感じで、段階的にお伝えしていきます。

=============

▽動画でご覧の方はこちらからどうぞ▽ 

【9分38秒の動画です】 

前回は、心にいいことと悪いことの理解をより深めるために、

なぜ、義務感から出た目的や、その目的に余計な思いが紛れ込むことが、病気をやめるためによくないのか、

義務感から出た目的の弊害や、余計な思いが紛れ込む弊害についてお伝えしました。

そして第7回の今回は、

表面意識ではなく、『潜在意識が知っている人生の目的』についてお届けします。

ここまでで、あなたは当然のことながら、自分自身でこうありたいという自己実現欲求からやりたいことを見出し、それを人生の目的に設定してこられたことと思います。

ただここで、あなたが本来の健康を取り戻すためにどうしてもお伝えしておきたいことがあります。

それは…

あなたの本当の人生の目的は、あなたが生まれた時から潜在意識がすでに知っているのです!

「え…?」

「どゆこと…?」

「じゃあ、今までのは意味ないんかい!」

と怒られてしまいそうですが、意味はありますのでまずは落ち着いてください。

それについては、

ショーペンハウエルという有名なドイツの哲学者が、『個人の運命における意図らしきものについて』という論文の中で、

人が高齢に達して人生を振り返ってみると、そこにはまるで小説家が意図したかのように、一貫した筋道や計画があったようにみえることがある

という驚きの指摘をしています。

人生には最初から大筋でストーリーがあって、それに沿って人生が進んでいるということですね。

「まさか!?」と思いますが、ここはとても大切なことになるので、また次回か次々回で別の切り口からお伝えしますね。

とはいえ、今あなたが人生を振り返ってみて、もし、

親に虐待されていた…とか、

病気で療養していて多くの時間を病院で過ごした…とか、

人生をかけて取り組んできた努力が実らず挫折した…とか、

何かネガティブな出来事があったとしても、それらは何かのはずみで運悪く起こったことだから、

「過去の嫌な出来事は早く忘れよう…」

と思って心の奥底に片付けてしまうのが普通かと思います。

ところがショーペンハウエルという人は、

人生において、その時々で起きた関係のない出来事同士が、

不思議なことに、完成されたストーリーの構成にそれぞれが不可欠な要素になってぽこぽこはまっていく…というのです。

これを別のたとえで言ってみると、

あなたは元々、完成した人生の絵というものを最初から持っています。

そしてその絵は、2〜300ピースくらいのパズルになっています。

あなたはそのパズルをあえて一旦バラバラにして、そのピースをひとつずつ、人生から余すことなく受け取っている…

という感じなのですね。

パズルに例えてみましたが、これと同じことが実はあなたの人生にも起こっているのですね。

だから、人生の途上でいきなりピースをひとつ渡されても何を描いている絵かわからないわけです。

でも絵を完成させるために大切なことは、受け取ったピースがひとつ残らず何かを表現するための一部だということをどこかで知っておくことなのですね。

「なんかこのピースは形が悪いし、このピースは色が汚いし、意味わかんないから捨てよう…」

といってなかったことにすると、後々人生の目的がわからなくなったりズレが生じたりして、メッセージとしての病気が起こるわけですね。

したがって、

バラバラに保管してある意味不明な無数の点を組み合わせて意味のある面にすることで、形の悪い色の汚いピースが全体の絵の何を表現しようとしているのかに気づいてあげることが大切になります。

つまりあなたのネガティブな体験が、全体として何を表現するための一部になっているのか…ということですね。

そこに気づくためにはたとえば、

偶然としか思えないような形で起こった出来事や出会い、不幸なアクシデントが、後の人生を構成する重要な柱になっていたということを見聞きしたことはないでしょうか?

簡単な例を挙げれば、

生活のために嫌嫌やっていた仕事で否応なく身についたスキルが、偶然、晩年の自己実現のために必要不可欠なスキルになっていた…ということもあります。

あるいは子供の頃、

親に守ってもらえなかった体験があったが、そこからあまり人に頼らなくなり、何事も自分の力で創意工夫していくクセや打たれ強さが身についた…とか、

感情を表に出さなくなることで、状況を一歩引いて冷静に俯瞰して見る資質を身につけた…ということも実際にあります。

その場合、その人の人生の目的を達成するには、創意工夫していく力と打たれ強さが特に必要ですよということですね。また、冷静さと状況を俯瞰する能力も必要だと教えてくれているわけですね。

それが実は、陰が陽に転換するように、

あなたならではの人生の目的を達成するためのソフトの部分』

になっているのですね。

それはあたかも、

表面意識ではまだ認識できていない人生の目的のために、潜在意識が未来に必要になるパズルのピースを届けてくれているという感じでもあります。

「人間万事塞翁が馬」ということわざもありますが、もしそうであれば、

あなたが人生を振り返ってみた時に思い浮かんでくるいいこと悪いこと…特にネガティブなことは、

その対極にある何か大切なことにつなげる目的で、“ あえてそれを引き起こした ” ということになります。

あなたが今心の奥底にしまい込んでいるネガティブな解釈のついた出来事は、

その対極にある大切なことにつなげる目的があるからこそ

今存在しているのですね。

「そんなばかな!」

と、つっこみを入れたくなるでしょうが、

そして、そのような前提からの考え方には、すでに脳の病気モードから健康モードに切り替える無意識の思考パターンが含まれています。

ですので、一見して全くの無意味に見える人生のピースの意図…すなわち人生の目的に必要なソフト面を抽出するワークに是非取り組んでみてください。

でもここで、

「なんで完成してる絵をわざわざバラバラにして、ひとつずつピースを渡してくる必要があるの!?」

「どうしてそんな面倒くさいことするの?」

という当然の疑問が出てきますが、実はそれには深い理由があります。

それについては次回お届けしたいと思いますので、楽しみにしていてください。

ということで今回は、

潜在意識が知っている人生の目的についてお届けしましたがいかがでしたでしょうか?

今回の内容が、あなたの健康を取り戻して、より良い未来をデザインしていくためのヒントになれば幸いです。

======================================

潜在意識を書き換えて健康を引き寄せるためのコツ

潜在意識下に潜む心理的ストレスに気づき、誰でも自然に病気をやめて本来の健康状態を創っていくための

より詳しい『心と脳の仕組み』を、

現在下記のページで無料配信中です。

ご自身で心にいいことをして健康状態を創っていきたいという方は試してみるといいかもしれません。

期間限定とさせていただいておりますので、

よろしければ、あなたが病気をやめて理想の健康状態を創っていくためのヒントを是非お早めに手に入れてください。

===================

《《 期間限定公開! 》》

 健康を取り戻すための5つのステップ
  【無料メール講座】
 
 
 
 
===================

Follow me!

[vkExUnit_ad area=after]