東洋医学と潜在意識

潜在意識のストレスに気づいて片頭痛持ちをやめる方法【プチ東洋医学講座】

潜在意識のストレスに気づいて片頭痛持ちをやめる方法
[vkExUnit_ad area=before]

こんにちは。

こころの鍼師 金子 敏昭です。

これから、

あなたが病気をやめて、健康を取り戻すためのヒントをお届けしていきます。  

前回のプチ東洋医学講座では、

怒りの感情が潜在意識に刻印されて片頭痛が持病化していく過程から、

気の流れは潜在意識の方により大きな影響を受けるということと、

心の感覚は潜在意識と気の流れの状態を表すということをお伝えしました。

今回はそれを利用して、

ストレスを発生させる原因のひとつになる、潜在意識の価値基準を見つけるためのヒントをお伝えしていきたいと思います。

Don’t think. feel!

潜在意識のストレスに気づいて片頭痛持ちをやめる方法

片頭痛に限らず、何かしら病気を患うということは、ひとつには、

これまでの考え方の習慣や価値基準の中に、

あなたの心や身体にとっては少し負担になってきているものがある

ということです。

とはいえ、

負担になっている考え方の習慣や価値基準がもし潜在意識にある場合は、そもそもどうやってそれに気づけばいいのかという問題が生じます

そこで今回は、

心の感覚が気の流れと潜在意識の状態を表すということを利用した、一番簡単な方法をご紹介します。

まず大切なことは前回申し上げましたように、

【心の状態】を感じてみる

ということです。

あなたは日常生活の中のどういう場面で、心が波立ったり違和感を感じたりするでしょうか?

もし、心の状態にざわついた感覚が生じたり、しっくりこない違和感を感じたりした場合は、

実はそこに、

普段意識することのない何らかの価値基準が働いている…

ということになるのですね。

特に、ネガティブな感覚を感じさせる価値基準の中に、気の流れにブレーキをかけ続けている原因が潜んでいる可能性が高いのです。

次に、

その感覚を足掛かりに、

どういう時にその感覚がおこるのか?

その感覚がおこるのはなぜなのか?

ということを自問自答しながら、

当たり前のように信じている自分の価値基準を探っていき、違和感をおこす正体を明らかにしていきます。

心の違和感の正体

潜在意識のストレスに気づいて片頭痛持ちをやめる方法

わかりやすい例では、

自分より優秀な人を見た時に、嫉妬心や無力感等の心のざわつきを感じるようなことがあったとしたら、

そこに何らかの価値基準が潜んでいるということですね。

たとえばそこには、

「自分には能力がない…」

という、自分を卑下する思い込みがあるのかもしれません。

そしてその前提には、

「能力が高くなければ人間として価値はない…」

「だから完璧を目指さなければならない」

という基準があるのかもしれません。

さらに、その基準を創り出した過去の体験や無意識の思考パターン等が、より深いレベルで関わってはきますが、

この場合であれば、

「自分には能力がない…」という潜在意識下の思いが、ずっと自分を裁き続けて気の流れにも常にブレーキをかけてしまうわけですね。

したがって、

まずは、そのような思い込みや価値基準があるということを、

表面意識で認識できるようにする

ということが大切になってきます。

気づいて認識すると…

潜在意識のストレスに気づいて片頭痛持ちをやめる方法

そして、なぜ認識することが大切かというと、

意識できる思いよりも無意識化している思いのほうが、身体に強い影響を与えてしまうからです。

つまり、

無意識化していた思い込みや価値基準の存在に気づき、それを表面意識のステージに揚げることができれば、

その分だけ身体に対する悪影響が弱まるのですね。

それは、

潜在意識下で本当の自分と完全に同一化していた価値基準が、意識できるようになることで自分から少し分離し始める感じです。

そうすれば、

意識できるようになった分、気の流れに対するブレーキも緩んで、その分だけ心身共に楽になることができるのですね。

ゆえに、

普段意識することのない考え方の習慣や価値基準を心の感覚を利用して探り出し、

表面意識で認識できるようにするということは、健康を取り戻すためのひとつの方法になってくるのです。

そして、片頭痛だけではなく何かしらの病気を患うということは、考え方の習慣や価値基準で本当の自分をがんじがらめにしているようなものなのですね。

したがって、もしあなたが何かしらの病気を患っておられるのであれば、

心の感覚…特に違和感や嫌悪感、しっくりこない感覚を足掛かりに、これまでの考え方の習慣や価値基準を洗い出してみていただければと思います。

まとめ

ということで、今回の内容をまとめると、

まとめ

●病気を患うということは、これまでの考え方の習慣や価値基準の中に、心や身体には負担になってきているものがあるということ。

●心が波立つ違和感を足掛かりに、普段意識できない考え方の習慣や価値基準を自問自答で探り出して意識できるようにすることが大切。

●無意識化していた思いが意識できるようになれば、その分だけ身体に対する影響力が弱まり健康に一歩近づくことができる。

ということになります。

以上、今回は、

潜在意識の価値基準を見つけるためのヒントについて解説してみましたが、いかがでしたでしょうか?

次回は、価値基準の緩め方についてのヒントをお伝えしていきたいと思います。

どうぞお楽しみに!

今回の内容が、

あなたが健康を取り戻して、より良い未来をデザインしていくためのヒントになりますように。

======================================

潜在意識下に潜む心理的ストレスに気づき、誰でも自然に病気をやめて本来の健康状態を創っていくための

より詳しい『心と脳の仕組み』を、

現在下記のページで無料配信中です。

ご自身で心にいいことをして健康状態を創っていきたいという方は試してみるといいかもしれません。

期間限定とさせていただいておりますので、

よろしければ、あなたが病気をやめて理想の健康状態を創っていくためのヒントを是非お早めに手に入れてください。

===================

《《 期間限定公開! 》》

 健康を取り戻すための5つのステップ
  【無料メール講座】
 
 
 
 
===================

 

Follow me!

[vkExUnit_ad area=after]