子宮がんと潜在意識

東洋医学からみた子宮がんの原因とスピリチュアルな意味:後編

東洋医学からみた子宮がんの原因とスピリチュアルな意味
[vkExUnit_ad area=before]

《前編のつづき》

前回の前編では、

東洋医学の視点から、子宮がんは4種類の毒素の塊であるということをお伝えしました。

中でも最も厄介な毒素は、気の流れの滞りであり、

子宮がんを改善させるためには、気の流れに内側からかけているブレーキに気づいて緩めていくことが重要なポイントになる…

ということも併せてお伝えしました。

今回の後編では、

東洋医学的にも気の流れに内側からブレーキをかけてしまう大元の原因…すなわち心理的ストレスを、

表面意識ではなく潜在意識の視点から捉えて、

深層心理のどういうストレスが子宮がんにつながり易いのか、

『子宮がんをおこすスピリチュアルな意味』を解説することで、

身体からのアプローチだけでは難治であるがんを、心からのアプローチで自然に解消していくためのヒントをお届けしていきたいと思います。

難病と心理的ストレス

前編でご説明したように、

子宮がんを含めて、がんを形成する毒素の大元の原因は、心理的ストレスが気の流れに内側からブレーキをかけてしまうことです。

でも…

「ストレスが子宮がんの原因なわけない!」

とか、

「もしそうだとしても
人並みのストレスしかないんだけど…」

と思われるかもしれません。

確かに、

心理的ストレスが子宮がんに関わっているとしても、言うほどにひどいストレスを受けた記憶やそれと思い当たることは、なかなかないかもしれません。

ただそれは、

『表面的な意識では…』

ということになるのですね。

実は、私達の心は二重構造になっていて、

「顕在意識」という表面的な意識の領域と
「潜在意識」という普段意識することができない無意識の領域があるのです。

がんをはじめ、難病を患う方の場合は、すぐに思い当たるような表面的なストレスというよりは、

長い間、潜在意識に押し込めたまま解消されないでいるストレスや葛藤や、無意識的に使っている思考パターンが、

水面下で常に気の流れにブレーキをかけていることが多いのです。

つまり、

表面的な意識では普通にしていても、知らず知らず無意識的に内側から気の流れにブレーキをかけ続けている…

ということが実際にはよくあるわけです。

このようなことが、

子宮がんに限らず、身体に対する治療をしてもなかなか改善しなかったり、一旦良くなったように見えてもまた病気が再発したりする原因のひとつになっているのですね。

たとえて言えば、

草取りをしていても根っこが抜けずにそのまま残っている…

という状況に似ているかもしれません。

病気と心理的背景

そして意外なことに、

病気には身体のどの部位、どの機能を患うかによってそれぞれ心理的ストレスの傾向性のようなものが存在します。

たとえば、

循環器系が関わる疾患であれば、

人生における自分の『安心感』『喜び』が脅かされているという感覚が潜在意識に存在したり、

パーキンソン病であれば、自分や他人、世間に対しての

『〜は〜であるべき!』
『〜は〜であってはならない!』

という感覚が非常に強く潜在意識に刷り込まれていたり等々、

特定の症状や病気と心理的ストレスにはある程度の相関関係があります。

もちろん、

病気をおこす心理的背景には人それぞれ違ったものが複雑に絡み合っていますので、それが必ず当てはまるわけではありません。

ただ、

子宮がんにも同様に、子宮に毒素を集めてしまうような心理的ストレスの傾向性というのはやはりあるのですね。

いずれにしても病気というのは、

長い間、口に出せなかった心の奥底にある本当の想いを、

潜在意識が身体を使って表現してくれている大切なメッセージなのですね。

子宮がんをおこすスピリチュアルな意味

それでは、

子宮がんになりやすい心理的ストレスの傾向性とは何でしょうか。

その前に、子宮という器官が何を象徴しているのかということですが、

実は子宮は、安心や安全を与えたり、育んだりするという女性的な役割、

母性女性性

を象徴しています。

まさに、家庭を守り子供を育んでいくような女性的な要素ですね。

そしてそのような女性的な要素に不具合がある場合に、子宮に病気を発生させやすいベースを創り出してしまうのです。

たとえば、

「社会で男性と競争して勝たねばならない…」

とか、

「男性に負けたくない…」

という気持ちがあると、

無意識的に

『女性であることは不利だ!』

という想いを潜在意識に芽生えさせ、女性性の象徴である子宮を攻撃し始めるのです。

そのような想いを創り出してしまう一例としては、

小さい頃に親や周りの大人から

「女は役に立たないからなぁ…」

とか、

「〇〇ちゃんが男の子だったらねぇ…」

とか言われたり、

父親が母親に暴力をふるう場面を見てきたりして、

女性であることに対する引け目や、父親や男性に対する憤りやのような感情を無意識的に積み重ねている場合があります。

そしてそのような感情は徐々に潜在意識に刷り込まれ、

男性に負けないために、あるいは対等にみてもらうために、

自らの女性性を否定し始めることがあるのですね。

したがって、

同じ心理的ストレスでも、そのような心理的背景があるストレスの場合は、女性性を象徴する子宮に気の流れの滞りが起こりやすくなり、

結果として、子宮に病気を発生させやすいベースを形成してしまうわけです。

もちろん、

心理的背景は十人十色なので、誰にでも必ずそのように当てはまるわけではありません。

しかし本来女性は、女性性を生かすことで生きる目的を達成したいと本能的に思っています。

その根源的な欲求が、後天的な体験によって抑えつけられてしまう時に、

女性性を象徴する子宮を病気にすることで、

女性性に対する葛藤を手放してもっと女性らしさを表現したり、生かしたりして女性としての幸せを感じさせてほしい!

と、心が身体を使って訴えかけてくるのです。

子宮がんをおこしてしまう大元の理由には、実はそのような心理的背景があったのですね。

子宮がんが教えてくれるメッセージ

ここまでの内容で、

自らの女性性に対して潜在的に持っている葛藤が、女性であることは不利だ…』という心理的ストレスにつながる時、

女性性を象徴する子宮に異常をおこしてしまうことがわかりました

では次に、

「それはわかったけど、どうすればいいの?」

ということになりますが、

小さい頃の体験に対する解釈、そこから生じる葛藤や信じ込み、それらを創り出した無意識の思考パターン等は人によって様々で、

またそれらが複雑に絡みあってくるため、すべてのケースに共通して当てはまる処方箋というものはありません。

実際には、

そのひとつひとつを丁寧に紐解いて、記憶をやり直したり信じ込みを洗い出し解消したり等の変化をつけていく必要があるのですが、

子宮がんに限らず、難病とされる病気全般について言えることは、

病気はメッセージ

ということです。

子宮がんの場合で言えば、

女性性に対する葛藤を手放して、もっと女性らしさを表現したり生かしたりして、

女性としての幸せを感じたい!

という想いが心の奥底にあるということです。

したがって、もしあなたが今現在、

子宮がんのような、なんらかの重い病気を患っておられるのなら、

それは単にあなたを苦しめるためだけに発症したものではなく、

自分の本心と向き合うために起こったメッセージなんだというふうに、

「病気は戦うべき敵だ!」という認識から病気は実は私に何かを教えようとしてくれているのかもしれないな…」などと思ってみて、

心を少し緩めてみてください。

心が緩んだ分だけ、あなたの脳では病気モードである苦痛系回路の働きが、健康モードである報酬系回路の働きに切り替わっていきます。

それは、

心の奥底にある葛藤に気づき、

気の流れに対する内側からのブレーキを解除しやすい状態を創ることにもつながります。

いずれにしても本当の変化は常に内面から起こります。

そして、内面の変化は必ず外に現れます。

内面が変わるからこそ

「気がついたら病気を卒業していた…」

ということになるのですね。

身体の治療ももちろん大切ですが、

今回お伝えしたように、心に波風をおこしている原因に気づいて解消していくということは

あなたが病気をやめて健康を取り戻し、望む人生を歩んでいくことに直接的につながるのですね。

まとめ

ということで、今回の内容をまとめてみると、

まとめ

病気には身体のどこを患うかによって心理的ストレスの傾向性のようなものが存在する。

●子宮がんの場合は、父親や男性に対する隠された憤りや女性であることに対する引け目が根底にある。

●子宮は女性性を象徴しているため、女性であることは不利だという想いが女性性を象徴する子宮に病気を発生させやすくなる。

●病気は、長い間、口に出せなかった心の奥底にある本当の思いを、潜在意識が身体を使って表現してくれているメッセージ。

●「病気は敵だ!」という認識から「病気は自分と向き合うメッセージ」と病気に対する認識を変えてみることが大切。

ということになります。

以上、今回は前後編にわたり、

東洋医学の視点からみた子宮がんの原因と、子宮がんをおこすスピリチュアルな意味について解説してみましたがいかがでしたでしょうか。

次回も、あなたが病気をやめて健康を取り戻すためのヒントをお届けしていきたいと思います。

今回の内容が、

あなたが健康を取り戻して、より良い未来をデザインしていくためのヒントになりますように。

======================================

潜在意識を書き換えて健康を引き寄せるためのコツ

潜在意識下に潜む心理的ストレスに気づき、誰でも自然に病気をやめて本来の健康状態を創っていくための

より詳しい『心と脳の仕組み』を、

現在下記のページで無料配信中です。

ご自身で心にいいことをして健康状態を創っていきたいという方は試してみるといいかもしれません。

期間限定とさせていただいておりますので、

よろしければ、あなたが病気をやめて理想の健康状態を創っていくためのヒントを是非お早めに手に入れてください。

===================

《《 期間限定公開! 》》

 健康を取り戻すための5つのステップ
  【無料メール講座】
 
 
 
 
===================

Follow me!

[vkExUnit_ad area=after]