呼吸器疾患と潜在意識

呼吸器を患う人と「悲しみ」のスピリチュアルな関係とは?

肺炎、喘息等の呼吸器疾患と悲しみの関係
[vkExUnit_ad area=before]

こんにちは。

こころの鍼師 金子 敏昭です。

これから、あなたが病気をやめて健康を取り戻すためのヒントをお届けしていきます。

今回は、肺の病気と『悲しみ』の感情の関係についてお伝えしたいと思います。

肺の病気には、年間10万人が亡くなり、以前は日本人の死亡原因の第3位にあった肺炎や、気管支喘息等の疾患があり、

今、感染者数が増加している新型コロナウイルスも、人によっては重い肺炎をおこすウイルスですね。

だからもしあなたが肺に持病をお持ちだったり、新型コロナウイルスに対して不安や恐怖を感じておられるのなら、

それら肺の病気と『悲しみ』の関係性を知ることが、免疫力を高めて健康を取り戻すためのきっかけになるかもしれませんので、よろしければ以下お付き合いください。

=============

▽動画でご覧の方はこちらからどうぞ▽ 

【9分40秒の動画です】

感情と病気の関係

ではまず最初に、人の感情が病気にどう関わるのかということですが、

実は東洋医学では古来より、特定の感情が特定の臓器の病気に深く関与するということを数千年にわたる臨床経験で見出しており、それを理論として体系付けています。

その中で、特に肺に大きなダメージ、影響を与えるのが「悲しみ」の感情になるのですね。

とはいえ、

肺の病気を患う方にそのようなことを言ったとしても、

「人並みに悲しいことはあるけど、特別に悲しいことあるかと言われてもね〜…」

と困惑されるかもしれません。

確かに、悲しいことと言われてもなかなかぱっと思いつくことはないかもしれませんが、

実は肺に大きなダメージを与えるのは、表面的な意識で認識できる悲しみというよりは、

潜在意識に放置されている方の悲しみ

になるのですね。

それは、普段表面的な意識に上ってくることのない体験や記憶、セルフイメージとして潜在意識下に保存されているものです。

したがって、普段は表面的な意識でその悲しみの感情を感じることはありません

少し具体的な例を挙げると、

親や先生の言う通りにすること、誰かの意向に沿う行動をすること等が当たり前になっている人は、

知らず知らずに潜在意識下で、自分の本当の想いを発言できないことや、抑圧していることに対する悲しみを感じている場合があります。

ところが表面的な意識、後天的な価値観で、

「それが正しいことだから…」とか、

「親のために…誰かのために…」

という思いが優先されている場合、自分の本当の想いや感情に気づくことは容易ではありません。

そのように、抑圧された感情が心の奥底にある場合、潜在意識は身体を使ってメッセージを出してきます。

そして抑制された感情の中心が悲しみである場合、肺の機能に異常を起こしやすくなるのです。

このように、

東洋医学において悲しみの感情は、肺の働きに深く関わる感情として認識されてきたのですね。

呼吸器の病気が象徴するもの

また、

潜在意識の視点から肺をみてみると、

肺が行う呼吸は、『自由』『自立』を象徴する働きにもなります。

したがって、肺の病気で呼吸に大きな異常をおこすということは、

『自立』や『自由』であることに対して、不具合を感じているということを表している可能性もあるのですね

つまり、

コロナウィルスに感染して肺炎を起こすことも含めて、呼吸困難という肺の症状を発症させてしまう心理的背景には、

潜在意識下に、自立や自由を得られない

『隠された悲しみ』

が放置されている可能性が高いのですね。

具体的には、

「理想は理想であって現実ではないから…」

とか、

「生活のためには働かないと…」

というふうに、

生きることが義務感になっていたり、人生が前進しないことに対する無力感があったりすると、

“自分の人生は見えない何かに支配されている…”

という

『踏み込まれた感覚』

が生み出され、

「人生思い通りにはいかないから…」

とか、

「どうせ私は自立できないし…」

等の信じ込みを潜在意識下に創りだしてしまいます。

そのような信じ込みが悲しみの感情につながる場合、

潜在意識は自立や自由を象徴する呼吸に異常をおこして、放置されたままの『踏み込まれた感覚』『悲しみ』を解消してほしいと訴えかけてくるのですね。

病気をやめるために必要なこと

もし、そのような感情や感覚が潜在意識下に放置されている場合、

本当に必要なことは、

「もっとがんばらなきゃ…」

とか、

「私は恵まれているんだ…」

とか、

「足ることを知らなきゃ…」

という具合に、

無理にプラス思考でポジティブな感情をかぶせていくことではありません。

あるいは、

「嫌なことは考えないようにしよう…」

と、ネガティブな記憶を心の奥底に押しやることでもありません。

そのようなネガティブな感覚を見つけたら、心の奥底に無理に抑え込もうとするのではなく、まずはその感覚を引き出して感じてあげることが必要なのです。

それを隠そうとしたり、避けようとしたりしているうちはうまくいきません。

逆なのですね。

なぜなら、ネガティブな感情がくっついている出来事ほど、その奥に大切なメッセージがあるからです。

今生において、あなたにとって必要不可欠な気づきこそ、とてもネガティブな仮面をかぶってやってくるのです。

したがって、

ネガティブな感情や体験は、避けようとしたり忘れようとしたりするものではなく、

徹底的に利用するもの

なのです。

そして、病気をやめてしまう方は、嫌な感情や感覚は避けるものではなく利用するという感覚をつかんでいく方なのですね。

そのようなことを理解した上で、

人生の一時期、何のためにあえて自立や自由というものに大きな制限をかけてきたのか…

あるいは、悲しみを感じる体験が必要だったのか…

その本当の意味に気づいてあげることが必要なのです。

心の仕組み

あなたの潜在意識は、

一見ネガティブにみえる出来事や、情けない自分や恥ずかしい自分を通して、

あなたにとって、今生どうしても必要なことに気づかせようとしたり、必要な資質を身につけさせようとしたりします。

だから、病気を悪者にして避けようとしたり、自分を責めたり、他人や環境のせいにしたりすることでは、

『隠された悲しみ』や、『踏み込まれた感覚』は解消できないのです。

大切なことなので繰り返しますが、

健康を取り戻すために必要なことは、心の奥底で波風をおこす想いを徹底的に洗い出して、その真意に気づいてあげることなのです。

したがって、

もしあなたが肺に持病をお持ちだったり、今回のコロナウィルス騒動で不安や恐怖を感じておられるのであれば、

それは、心の奥底にしまい込んだ悲しみや、踏み込まれた感を解消してほしいという潜在意識からのメッセージである可能性があります。

だから是非、潜在意識が身体を通して伝えてくるそのメッセージを素直に受け取って、

心の奥底に押し込めてきた思いを引き出して向き合ってみてくださいね。

以上今回は、肺の病気と『悲しみ』の感情の関係についてお伝えしてみましたがいかがでしたでしょうか。

これまでの常識にとらわれず、新しい視点から病気を捉えることで、心に波風を起こし続ける無意識の思考パターンを変容させるきっかけを得ていただければと思います。

次回も、あなたが病気をやめて健康を取り戻すためのヒントをお届けしていきたいと思いますので、どうぞ楽しみにしていてください。

======================================
 
乳がん、子宮ガン、リウマチ、パーキンソン病等の難病の原因を根治するカウンセリングコーチング

潜在意識下に潜む心理的ストレスに気づき、誰でも自然に病気をやめて本来の健康状態を創っていくための

より詳しい『心と脳の仕組み』を、

現在下記のページで無料配信中です。

ご自身で心にいいことをして健康状態を創っていきたいという方は試してみるといいかもしれません。

期間限定とさせていただいておりますので、

よろしければ、あなたが病気をやめて理想の健康状態を創っていくためのヒントを是非お早めに手に入れてください。

===================

《《 期間限定公開! 》》

 健康を取り戻すための5つのステップ
  【無料メール講座】
 
 
 
 
===================

Follow me!

[vkExUnit_ad area=after]