健康を取り戻す

潜在意識の視点からみた健康になるための薬の使い方〜ステロイドで迷ったら〜

ステロイドと健康
[vkExUnit_ad area=before]

こんにちは。

心と身体の専門家 金子 敏昭です。

今回もあなたが病気をやめて健康を取り戻すためのヒントをお届けしていきます。

さて、

こころの鍼ブログでは、いつもは病気そのものに関する内容を取り上げることが多いのですが、

今回取り上げる内容は、

免疫が暴走しておこるアレルギーや膠原病等でもよく使用される、

薬の「ステロイド」についてです。

アレルギーや膠原病に関してはここ最近で解説してきましたが、

ステロイドに関しては、やめた方がよいとか使った方がよいとかいろいろな意見がありますね。

そこで今回は、

通常とは違う潜在意識の視点からみたステロイドとの上手な付き合い方をお伝えしていきたいと思います。

メリットとデメリット

まずは、もうすでにご存知でしょうがステロイドについて簡単に説明してみますね。

ステロイドは、炎症を抑えたり、免疫の働きに抑制をかけたりする際に優れた効果を発揮する薬で、

アレルギーや膠原病等の免疫に関わる病気にはもちろんのこと、様々な病気の急性慢性の症状に対して広く使用され、

西洋医学の医療現場では必要不可欠の薬となっています。

ただ、長期的に使用する場合は、

症状を抑える効果が高い反面、副作用が身体に与えるダメージも少なからずあるため、心理的に抵抗を感じる方も少なくありません。

主な副作用としては、

感染症にかかり易くなったり、骨粗鬆症になり易くなったり、副腎の働きそのものが低下してしまったりと、実は身体が受けるダメージもそれなりにあります。

そのため、ステロイドにはあまりいいイメージがないのですね。

ステロイドのそもそも論

そもそも、

ステロイドは「副腎皮質ホルモン」とも言われ、その名の通り、腎臓の上にある副腎というところで作られているホルモンです。

作用としては、炎症を抑える働きや免疫や代謝などを調整する働きがあります。

そのような働きの中の、特に炎症や免疫に対する抑制作用を薬として利用しているものがステロイド剤ですね。

つまり、

そもそもステロイド剤は、本来、自分の身体で自前で作り出しているものです。

したがって、

本来は自前で作り出すべきホルモンを、病気に有効だからといって外から人為的に補充し続けていると、

副腎は「もう自分ががんばってホルモンを作らなくてもいいんだ〜」

と勘違いをして、本来の働きをさぼるようになったりする場合があります。すなわち、副作用としての副腎の機能低下を招いてしまうのですね。

もちろん、

ステロイドにも飲み薬や塗り薬等色々な種類があり、その作用にも強い弱いがありますので、すべてに危険な全身症状が出るわけではありません。

しかしながら、

本来、ステロイドは自分の身体が自ら作り出すものです。当たり前のことですが、これは非常に重要な観点なのです。

身体を会社に例えると…

わかりやすくするために、身体⇒会社に、ステロイド⇒借金に例えると、

会社(身体)の経営が傾いて資金繰りが困難になっているような時に、自前の資金だけでなんとかしようとしても、なかなか正常な経営状態に戻すことは難しいところです。

下手をすれば倒産してしまいます。

ではどうするかというと、

一番手っ取り早い方法は、お金を借りて、
それを資金に当てている間に経営を立て直していくことです。

このように、

お金を自ら稼いで、自前のお金を増やしていける体質を作っていくための借金(ステロイド)は、有用で世の中に必要なものです。

ところが、

便利だからといって、借金ばかりに頼りすぎてしまったら会社はどうなるでしょうか。借金体質は後で大変なことになりますよね。

会社が借金をするのは、言うまでもなくお金を自ら増やしていける体質を作り上げるためです。

同様に、

一時的にステロイドを使う目的は、自前で健康でいれる体質をつくるためです。まさに有用な借金のようなものです。

だからもし、

ステロイドを使用する(借金をする)目的が曖昧で、便利だからといってステロイド(借金)に頼りきった身体(会社)の経営体質を作っていけば、

ステロイドは病気を元から治すわけではありませんので、やはり身体は疲弊していきます。

潜在意識の視点から

ということですので、

もしあなたが、ステロイドを使わざるを得ない状態にあるのなら、

副作用に苦しむことなく健康になるために、何より大切にしていただきたいのは、それを使う際の意識の持ち方です。

それはどんな意識の持ち方かというと、

「ステロイドは一時的な借金だ」

という意識です。

その上で、

「ステロイドを使用する(借金をする)のは自前の体力を増やして健康になるため」

という意識を持つことです。まずはそういう意識を持つだけでかまいません。

そして、そのような意識を持つことが思考パターンとして潜在意識に刷り込まれてくると、

あなたの脳は、

自前の体力を増やし、健康になることを実現するために必要な情報をキャッチしようと働き始めます。

実は、脳には自分で信じていることに合致する情報を優先的にキャッチするという特性があるのですね。

ところが、

「病院で処方されているんだから、ステロイドさえあれば大丈夫」

という意識でいると、

自前の体力で健康になるための情報が目の前にあったとしても、脳はそれを無意識的にスルーしてしまうようになるのです。

それを必要な情報として認識しないので、少なくとも優先的にキャッチすることはなくなってきます。

最初に意識がステロイドに依存してしまうと、それに追従するように、徐々に身体の方もステロイドに依存してしまうようになってしまうのですね。

結論

最後に結論を言うと、

結局、ステロイド剤そのものにはメリットもデメリットもあり、いい悪いを論ずる対象ではありません。

ニュートラルといったところでしょうか。

それよりも大切なことは、あなたがどれだけステロイドを使おうとも、

「自分が本来持っている機能をどうやってより高めて健康になろうかな」

という意識を持っているかどうかなのですね。

そのような意識を潜在意識に刷り込むことで、あなたの脳はそれを実現するために必要な情報をキャッチしようと働き始めますし、

目的意識があるからこそ、それを達成するまでの時間稼ぎとして、ステロイドが有効に作用するようになるということですね。

そうすることで、

それを実現するために、あなたの養生のやり方や病気に対するアプローチの仕方にも徐々に変化が出てくるはずです。

行動に変化がおこれば、当然身体にも変化がでてきます。

それによって、

ステロイドをゼロ(無借金経営)にするのが理想ですが、それができなくても補助的に使うに留める状態にまではもっていきたいものですね。

ということで、

今回は潜在意識の視点から、ステロイドと付き合っていくためのヒントをお伝えしてみました。

まとめると、

まとめ

●意識が薬に依存すると⇒身体も薬に依存する体質になる【病気でいることが潜在意識の前提となる】

●健康を取り戻すために薬を有効利用しようとする意識を持つと⇒身体も薬を一時的に有効利用するものとして位置づける【健康になることが潜在意識の前提となる】

ということでした。

今回の内容が、あなたが病気をやめて健康を取り戻すためのヒントになりますように。

======================================

ステロイド等の薬に頼らずに病気をやめて健康を取り戻すための、より詳しい「心と脳の仕組み」を、下記のページで無料公開しています。

ご自身で健康を取り戻したいという方は試してみるといいかもしれません。

期間限定とさせていただいておりますので、

よろしければ、あなたが病気をやめて健康を取り戻すためのヒントを、是非お早めに手に入れてください。

⇒詳しくはこちら

Follow me!

[vkExUnit_ad area=after]