ガンと潜在意識

東洋医学と心(潜在意識)の視点からみたガンの原因とは?:前編

ガンと心(潜在意識)の原因
[vkExUnit_ad area=before]

こんにちは。

こころの鍼師 金子 敏昭です。

今回もあなたが病気をやめて健康を取り戻すためのヒントをお届けしていきます。

さて、今回はガンについて取り上げてみたいと思います。

しかしガンについての情報は巷に溢れていますので、

このブログでは、

私が専門とする東洋医学の視点から、ガンをどのように分析してどのように治療していくのかを、

できるだけわかりやすくお伝えしていきます。

ただ、

それだけだと単に東洋医学の情報で終わってしまいますので、

これまでにない視点、すなわち、

潜在意識の視点からみた、『ガンを形成してしまう心の原因』を解説していくことで、より中身の濃い情報をお届けできればと思います。

炎症がガンの発症を促す?

それではまず最初に、

もうご存知のことかもしれませんが、現代医学の視点からガンについての最新の知見を簡単に紹介してみます。

最近の医学の研究成果において、

ガンはもちろん、糖尿病や心筋梗塞、アルツハイマー病等のあらゆる病気に関係することがわかってきたもののひとつに、

「慢性炎症」というものがあります。

慢性炎症というのは、文字通り長期にわたって続く慢性的な炎症です。

急性の炎症との大きな違いは、

赤く腫れて熱をもってズキズキ痛む等の典型的な特徴がないため、一見して程度もひどくなくわかりにくいというところです。

最近、その慢性炎症が、

ガンを含めて様々な病気の発症に関わるということがわかってきたため、

「万病の元」とか、「サイレント・キラー」とかいうふうに呼ばれているようです。

もちろんガンは、炎症が直接原因の病気ではありませんが、

炎症がガンの発症を促して、さらに促進するというのは、以前から推測されてはいたのですね。

たとえば、

胃や食道、胆のう、大腸等に炎症がおこると、その炎症に続いてガンがおこりやすくなるということが実際にあります。

その理由は、

長期間、慢性的に炎症が続くことで細胞が死滅し、細胞が修復する過程で正常な遺伝子が特定のガン遺伝子に変異するからです。

そのようなガンに対しては、

転移がなく、外科的に切除が可能なら手術で切除しますね。

転移があったり、それが疑われる場合は、いわゆる抗がん剤による化学療法を中心に行い、ケースバイケースで手術による切除や放射線治療が選択されるのではないかと思います。

さらに現在では、免疫チェックポイント療法が行われる場合があります。

これは、ガンに対する免疫反応にブレーキがかかっているものを解除する方法ですね。

それによって、

免疫にガン細胞をやっつけてもらうということです。

以上、簡単ではありましたが、現代医学の視点からガンについて述べさせていただきました。

ガンを東洋医学で分析すると…

では次に、

東洋医学では、ガンをどのように捉えてどのように治療していくかを、わかりやすく解説していきますね。

東洋医学では、ガンを「積聚(しゃくじゅう)」という病名で捉えます。

積聚の原因は、簡単に言えば毒素が結集することです。

東洋医学では、身体に不要な毒素のようなものを「邪気(じゃき)」といいます。

積聚に関わる邪気は、4種類あります。

以下、4種類の邪気を簡単に紹介してみます。

1つ目は、

生命エネルギーである「気」の流れが悪くなって滞った状態を表す「気滞(きたい)」です。
この病態は、身体の様々な生理機能を低下させてしまいます。

2つ目には、

気の鬱滞が長期化することで、気が余分な熱に変質してしまった邪熱(じゃねつ)」という邪気です。
これは、身体の様々なところに炎症を起こしていきます。

3つ目は、

身体の水分の代謝機能がうまく働かなくなることで水はけが悪くなり、余分な水分が淀んで停滞したために形成される「湿痰(しったん)」という邪気です。
これは、身体のいたるところで様々な形で悪影響を及ぼすしつこい邪気です

そして4つ目には、

血の流れが悪くなり、血が滞りがちになって形成される「瘀血(おけつ)」という邪気です。
これは、婦人科系統の病気によく関わる邪気です。

以上の4種類の邪気がそれぞれ強固になり、そのうえでひとつに固まったものが積聚、つまりガンになるわけですね。

ガンを構成する邪気

気滞:各種の邪気をくっつける接着剤の役割

邪熱:ガンの成長を促進するエネルギー

湿痰:ガンの物理的な塊を形成する

瘀血:ガンの物理的な塊を形成する

(※塊をつくらない白血病等のガンは、邪熱単独のステージ分類で分析していくことができます。)

しかし逆に言えば、

この4種類の邪気が揃わなければ、ガンにはならないのです。

ゆえに、

これらの邪気が、身体の中に溜まり過ぎる前に処理しておかなければなりません。

すなわち、

邪気の種類や程度、それが形成されたメカニズム、元々の体質等を総合的に考えることによって、邪気を下すための治療をしていくのですね。

東洋医学では、ガンは4種類の邪気(毒素)の塊!

治療は、体質やガンが形成されたメカニズムを考えて、それぞれの邪気を下す処方をしていくことが大切!

積聚の重症度ステージ分類

それでは、

もしガンなってしまったら、もう手遅れなのでしょうか?

答えはノーです。

確かに、積聚ともなると簡単に下せる邪気ではなくなってきますが、

実は、

積聚にも、その重症度を毒素(邪気)と気(エネルギー)のバランス関係によってステージ分類したものがあります。

簡単に図にしてご紹介すると、

積聚のステージ分類

初期… エネルギー > 邪気

中期… エネルギー = 邪気

末期… エネルギー < 邪気

ということになります。

東洋医学のガンにおけるステージ分類のポイントは、強固な邪気に対しての気(エネルギー)の充実度合いです。

このステージ分類で初期の場合は、

強固な邪気が相手とはいえ、気が充実しているため、邪気を直接下していくアプローチが可能になります。

つまりまだ改善の望みはあるのですね。

このへんは、

西洋医学で言う早期発見が大切だという考え方と同じですね。

西洋医学では、

ガンの手術後の体力を回復させたり化学療法の副作用を緩和したりするような、治療の補完的な意味合いで漢方薬を使用したりしますが、

実は本来の東洋医学には、

手術や抗がん剤と同様に、ガンそのものに対して積極的にアプローチする理論と手段があるですね。

一番厄介な邪気とは…?

しかし、

ステージ分類で中期や末期になってくると、

徐々に気(エネルギー)が不足していくことで、邪気に対する抵抗力がなくなり、強固な邪気の固まりを排出させていくアプローチが非常に困難になってきます。

ゆえに、

身体にアプローチする医学としては、このあたりが、ガンを治療で改善させることができる限界ラインなのではないかと考えます。

それに加えて、

ガンの治療をする上での最も厄介な要因が、実は「気滞」です。

気滞は、4種類の邪気を強固にくっつける接着剤の役割をしています。

つまり、この気滞を解消していくことができなければ、邪気の固まり自体がなかなかくだけてこないのです。

ステージ分類で初期の段階では、

まだ気(エネルギー)が充実しているだけに、気滞に対する直接的なアプローチが可能です。

しかし中期や末期になると、

気自体が不足して流れも悪くなるので、気滞の解消がかなり困難になります。

もし気滞が解消できたなら、中期や末期でも望みはあります。

では、

そもそも気滞という邪気は、どうやって形成されるのでしょうか?

後編では、気滞のそもそも論と、ガンを形成してしまう心(潜在意識)の原因に迫っていきます。

⇒後編につづく

Follow me!

[vkExUnit_ad area=after]